即日融資を受ける方法とは?コツを大公開

キャッシングを利用する人の中には、突然お金が必要になってしまった!という状況も考えられます。

 

そこで便利なのが、即日融資!そこで気になるのは、

 

  • 借入までにかかる時間
  • 即日融資を受付けのタイムリミット
  • 土日も即日融資できるのか?

 

など、利用状況に関するさまざまな疑問もありますよね。

 

そこで今回は、即日融資をよりスムーズに進めるために!おすすめのキャッシング会社や即日融資を叶えるコツを紹介していきましょう。

 

ここで紹介する内容をしっかり把握することで、急ぎの融資にも安心です。

 

消費者金融なら即日融資にも柔軟に対応!

 

なるべく早くお金を借りたい!今日中にお金が必要!という人におすすめなのが、消費者金融。その特徴は審査に通りやすく、審査スピードも早いこと。

 

したがって即日融資にも、柔軟に対応できるんですね。中でも特におすすめと言える消費者金融会社は、次の3つ。

 

  1. アコム
  2. プロミス
  3. モビット

 

これらは大手銀行グループの共通点は、最短30分審査です。業界最速の審査時間なので、即日融資の対応にも柔軟になっています。

 

土日の即日融資もOK!

 

上記で紹介した消費者金融3社は、土日・祝日でも即日融資OKなんです。

 

多くの消費者金融では申込み受付時間が21時までなので、少し余裕を持って20時に申し込み開始すれば即日融資も可能に!

 

その営業時間も長いので、休日の夕方以降でも安心して利用できます。

 

年末年始も元旦以外は営業

 

さらに消費者金融は元旦を除いた、年末年始も通常通り営業しています。そのため出費が重なる時期にも、すぐに借入することが出来るので、アン安心ですね。

 

即日融資を受けるポイントはネット申込み!そのコツを徹底解説

 

即日融資を受けるときに、一番手っ取り早い方法はネット申込み。消費者金融は、24時間365日ネットからの申込みが可能になります。このネット申込みがスピーディーな融資のカギになります。

 

実際に、即日融資を受ける方法をいくつかご紹介していきましょう。

 

申込み方法 補足
  1. ネット申込み(WEB完結
  2. 書類提出
  3. 審査(電話なし
  4. 審査通過
  5. 利用開始
  • カードレス
  • 指定口座開設が必要
  • 振込キャッシング
  • 土日・祝日の融資不可
  1. ネット申込み
  2. 書類提出
  3. 審査
  4. 審査通過
  5. 契約機でカード発行
  6. 利用開
  • カード発行あり
  • 自動契約機を経由する
  • 指定口座なし
  • ATMキャッシング
  • 土日・祝日の融資OK
  • 後日に郵送物が届く(契約書の内容)
  1. 電話申込み
  2. 書類提出
  3. 審査
  4. 審査通過
  5. 契約機でカード発行
  6. 利用開始
  • 申込みは電話
  • 契約機を経由してキャッシング
  • カード発行あり
  • 指定口座なし
  • ATMキャッシング
  • 土日・祝日の融資可能
  • 後日に郵送物が届く(契約書の内容)

 

このように申込方法の選択肢は、上記の3パターンがあります。

 

中でも、審査から融資まで最短なのがWEB完結型の申込み方法です。その魅力は、面倒な電話・郵送の手続きを省けるので、よりスピーディに審査可能!

 

さらにWEB完結は在籍確認の電話対応がないこと。勤務状況を確認は収入証明書類のみなので、会社に電話がかかってくる心配も防げますね。したがって周りにキャッシング利用がバレることなく利用できるでしょう。

 

しかしWEB完結の弱点は、

 

  • 指定口座の開設・所持
  • 土日の融資不可
  • 平日の即日融資は14時までに申込み
  • 振込キャッシング対応のみ

 

など、利用条件や即日融資の対応時間が短いこと。指定口座を持っている人は便利ですが、新たに口座開設するとなると時間もかかります。さらに振込キャッシングのみ対応となるため、銀行の休業日となる土日・祝日は即日融資ができないことも。

 

平日の即日融資では、銀行の振込対応時間14時がタイムリミットです。したがってWEB完結申込み即日融資を受ける人は、平日の午前中までにすべての手続きを済ませておきましょう。

 

「ネット申込み→カード発行」の手順で土日の即日融資OK!

WEB完結は最短審査でスピード融資も可能ですが、融資を受けられる方法が限られていることがネックでしたね。

 

そこでおすすめなのが、WEB申込をして自動契約機でカード発行をする方法!

 

この方法はATMキャッシングを選択できるので、カード発行すれば提携ATMで24時間いつでもどこでも融資可能になります。さらに土日・祝日も契約機は営業しているので、審査・受付時間までに申込み完了すれば休日の即日融資も問題ありません。

 

唯一の弱点は、

 

  • カード発行が必要
  • 後日、契約書の郵送・返送対応
  • 在籍確認の電話がある

 

など、万が一周りにバレてしまうかもしれない…というリスク。

 

しかし在籍確認の電話については、担当者側へ事前に相談しておくとWEB完結同様、書類対応で済ませられるケースもあります。どうしても会社に電話してほしくない…と感じる人は、申込後すぐにコールセンターへ問い合わせてみてくださいね。

 

即日融資で気になる在籍確認について詳しくチェック

キャッシングの審査に通過するためには在籍確認をクリアする必要があります。申告された情報が本当かどうか確かめるため、スタッフが申告された勤務先に電話をかけます。

 

籍が置かれていることを確認できれば在籍確認は完了となります。勤務先の情報というのは返済能力にも直接関わってくることでもあるので、返済能力を確かめるためのものでもあるんです。そのため基本的には省くということができませんし、どこの金融機関でも行っています。

 

在籍確認の内容

在籍確認と言っても電話越しに氏名や生年月日、住所などの確認が行われるだけで、長々と質疑応答が行われる訳ではありません。

 

また万が一電話がかかってきた時に席を外していたりして電話に出れなかったとしても、電話を取った人の受け応えから籍が置かれていることを確認できればその時点で在籍確認は完了となります。

 

周囲に知られるのでは?

在籍確認に対して最も多く挙げられる不安は職場の人にキャッシングの利用を知られてしまわないか?との声です。

 

最近ではテレビでもキャッシングのCMは頻繁に流れていますし、利用者も増え続けていると言われていますが、やはり借金を負うことを周囲には知られたくないですよね?

 

しかし、そこは安心して大丈夫です。在籍確認の電話は個人名でかかってきます。金融機関の社名は一切出ません。

 

「キャッシングの利用を第三者に知られていはいけない」という決まりが存在します。プライバシーは十分考慮されているので安心して大丈夫です。

 

在籍確認を省く方法

金融機関の社名は一切出ないとは言え、それでも不安は残ります。

 

そもそも会社に個人からの電話がかかってくること自体が珍しいことですし、最近では防犯上の理由から個人からの電話には出ないという会社も増えてきています。

 

もしも社内にキャッシングの利用経験がある人がいたらどうでしょうか?会社に個人名で電話がかかってきて、その相手に対して氏名や生年月日を伝えているところを見られたらキャッシングの利用だと知られてしまうことも考えられます。

 

実は1つだけ在籍確認を省く方法があります。勤務先の社員証と直近の給与明細書を提出を事前に提出しておくと在籍確認を省けることがあります。ただし、これは一部の金融機関に限った話ですし、そもそも確実な方法でもありません。

 

事前に伝えておく

在籍確認がどのようなものか分かりましたか?防犯上の理由から個人からの電話には出ないという会社も多いです。何度も言いますが、例えそのような理由があっても在籍確認が取れなければキャッシングは利用できません。

 

会社には事前に電話がかかってくることを伝えておいたほうが良いでしょう。カードの在籍確認とだけ言えばキャッシングに限った話ではないので、知られることもないでしょう。また、在籍確認は意外にも融通が利きます。

 

電話をかける時間帯やスタッフの性別を指定することもできますし、「◯◯と名乗ってほしい」と伝えればそのようにしてくれるところもあります。不安だとは思いますが、それほど心配することでもありません。

 

即日融資でするしたいポイント3つを確認

 

即日融資を成功させるためには、審査において注意したいポイントがあります。これらをしっかり確認しておくことで、

 

  • スピーディな審査
  • 審査落ちのリスク回避する
  • スムーズな融資

 

などに繋げるポイントになります。

 

もし即日融資を受けるために申込みして審査落ちにななると、自分の信用情報に傷を付けてしまうケースもあります。

 

ここでは即日融資で注意したい、審査に関する注意点を見ていきましょう。

 

初回の希望融資額は低めに設定する

 

審査を早める第一ポイントは、新規申込みの希望融資額です。この融資の限度額はキャッシングの場合、年収の3分の1と決まっています。これは総量規定と言って、どのカードローン会社でも原則定めらているものです。

 

さらに新規申込みの場合、返済状況に関する信頼がまだありません。そのため、いきなり大口の希望額を設定すると審査時間が伸びる原因になります。

 

急ぎの融資や即日融資を受けるときは、希望限度額を低め設定すると、その分審査もスムーズに進むでしょう。

 

信用情報に傷がない

この信用情報とは申込者の

 

  • 現在までの借入れ状況
  • それまでの返済状況
  • 過去に返済のトラブルを起こしていないか

 

など、キャッシング・クレジットカード・その他ローンに関する利用記録です。これらの情報は、各カードローン会社が加盟する信用機関から提供されます。

 

この人に貸しても大丈夫だろうか?と慎重に判断しているため、信用情報に問題があると審査に時間が掛かることが多いです。特に何も問題が見られない場合は早く終わるでしょう。

 

必要書類を準備しておく

消費者金融など、カードローンを利用するときは必ず本人確認書類が必要になります。この書類を事前に準備しておくことで、申込から審査までをスムーズにする大事なポイントです。

 

そこで必要書類がどんなものか、ここで事前に確認しておきましょう。

 

本人確認書類 収入証明書

運転免許証
健康保険証
パスポート

源泉徴収票
所得証明書
税額通知書
確定申告書
給与明細書

 

このように、本人確認書・収入証明書の中でいずれか一つを用意しておきましょう。

 

消費者金融の多くは、限度額50万円以下の場合だと収入証明書が必要ないケースもあります。しかしWEB完結など、申込方法や金額によって用意するケースもあるので準備しておくと安心ですね。

 

キャッシング以外にも今すぐお金を作る方法を紹介!